FC2ブログ
スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
親の心子知らず

2014.04.18(Fri)

『日記』 Comment(0)Trackback(0)
新学期がスタートして2週目
明日はお弁当作りがないのでちょっと余裕(^^)♪

なので久しぶりにビール飲みながらの
もんじゃ焼き♪



次男は高校にも慣れ、今は部活がとっても楽しいようです♪

楽しいは楽しいでいいんだけれど…

この前は人が多いからって理由でバスを何本も見送って、途中で会った友達とお喋りして
帰り着いたのは九時過ぎでした

部活は6時半に終わってるのに、何をやってるんだか…

「宿題もあるんでしょ、終わったらサッサと帰ってこないと!」

とちょっとボヤいた私に、次男ややキレた(ー ー)

こっちはせっかく熱々ご飯を食べさせてあげようと
仕上げの直前まで作って準備万端待ってたのに、むかつく態度

「はぁ???なんなのよ、その態度
親のお金にお世話になってるんだから、生活のルールくらい守りなさいよ❗️

お母さんがする事、すべてが当たり前とか思ってるんでしょ❗️

これからは、自分で起きてお弁当作って、アイロンも自分でしなさい❗️」
と私もキレた

慣れないお弁当生活での疲れもあり
つい頭にきて言ってしまったのだけれど

そもそも私は学生の時、母のお弁当に感謝してただろうか…
育てるのが母親の仕事なんだから、当然でしょ!
くらいにしか思ってなくて、
毎日好きなことを好きなだけやっていた気がする

その後感謝したのか考えてみると
してない…

親の立場になって、やっと今頃だT_T


翌日、自分で起きて弁当を作り、シャツにアイロンをかけて学校に行った次男…

この行動だけでも、私の子ども時代に比べたらずーっとマシ

思春期の男が言葉で感謝の気持ちを伝えるなんてなかなか出来ないのは当然

「お母さん、お弁当美味しかったよ
いつもありがとう
実際言われるところを想像したら
かなり気持ち悪いかも


親の思いが伝わるの10年とか20年後かな(^^;;

気長に広い心で頑張らないとだ

言葉のありがとうはなくても、
空っぽになったの弁当箱から感謝を読み取ろう












トラックバックURL

http://ryurinlove.blog.fc2.com/tb.php/249-ee5fb269

トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 

Copyright © 2018 りゅうりん all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。